(ウッドデッキと四季の樹木) 相互リンクのカテゴリ

「伝統林業民族資料室」推薦WEB −教育・ボランティア−

教育関連サイトのご紹介

話し方教室ベリック
話し方教室は大阪・神戸で個々の希望に応じて、指導をしています。 コミュニケーション・リータ゛ーシッフ゜能力・スピーチ・挨拶・司会など社会に必要とされる様々な能力のレベルアップを目指しています。
森の協働ネット
元林野庁長官 小澤さんが主催するホームページ。森林・環境に熱心な日本人をつくる。森を好きな日本人を増やす。
彗星夢雑誌
江戸時代の風説  医師羽山大学の記録 古文書のままスキャン7000頁
みかん先生のロンボク島レポート
小学校教師がインドネシア・ロンボク島で小学生体験
古材バンクの会
古材の利用、普及のためのNPO法人。木造建築の調査・活用提言、民家再生などの活動。
樹木、植樹のニュースアーカイブ
大手新聞社から中小のwebサイトまでの樹木、植樹、木に関するニュースを2006年から集めています。
百話木のこかげ 木偏の木100
日本の樹木100種の木のエッセイ、その他「古代邪馬臺国の場所は杉の樹で決まる」、「生垣に適するもの」、「街路樹に適するもの」等
京都などで少数ゆえ質の高い家庭教師
1時間1600円。京都・滋賀・大阪で少数ゆえ質の高い高い家庭教師を派遣します。
映像演技を学ぶワークショップ【アクトガレージ】俳優・女優の演技レッスン
TV・映画などの映像演技を学べるワークショップです。豊富なレッスンカリキュラムをご用意し、未経験者からプロまで幅広く指導しています。無料体験レッスン随時開催。
英会話パスポート大阪
大阪梅田駅周辺のカフェで習うマンツーマン初心者英会話
ホームヘルパー2級
ホームヘルパー2級の資格取得方法、人気の講座をご紹介しているサイトになります。
幼児教材・英語教材・学習教材のウィング
教材専門店のウィング教育センター。幼児教 材、英語教材、学習教材、右脳開発教材など各種教材を販売しております。 .
自作DIYウッドデッキ体験記
きっと勉強になります。自分で作れる本格的なウッドデッキの製作秘話や体験記録。
DIY自作で簡単に組立できるウッドデッキ
多くの人が困難という床下部分、基礎部分を大幅に簡略化した本格的なウッドデッキ。名前はラクーナと名付けました。2011年初夏発売。
動画キットデッキ(ウッドデッキ)マニュアル
ウッドデッキがこんなに簡単に作れるなんて、きつと驚くでしょう。商品名ラクーナの画期的自作組立ウッドデッキ
丸鋸利用しないウッドデッキ
ウッドデッキ製作の危険を書きました。本当に危険です。ウッドデッキ製作には丸ノコを使わない方法を考えるべきです
学習 木材とは
木材の組織、国家と森林、日本は森林国か、木材と環境破壊、乾燥と割れと収縮、防腐薬剤と防腐規格、防腐処理とは、木材を腐りにくする、木の硬さと年輪、腐りやすい木材とそうでない木材の違いなどを学習する。
幼児教材・英語教材・学習教材のウィング
教材専門店のウィング教育センター。幼児教材、英語教材、学習教材、右脳開発教材など各種教材を販売しております。
主婦の資格で起業!わたしストーリー
美容・健康・心・学びなどに関する主婦の習い事や資格を応援します。「ママ」ではない「わたし」に戻って好きなことを楽しむママを応援します
ウッドデッキ製作の危険(再設定中)
ウッドデッキなどを製作するのに木材を利用する場合、十分な注意が必要です。数多くの事故が発生し、大けがをする方も出てきています。特に硬い材ほど、その衝撃も大きいのでウリンなどのハードウッドを使う場合はとても危険です。
TALK&トーク話し方教室
TALK&トーク話し方教室。『誰とでも15分以上会話がとぎれない!話し方66のルール』著者が講師の話し方教室。全国対応の話し方DVDも人気!話し方教室は大阪教室、東京・名古屋・福岡で開講。
フットケア通信講座
フットケアの通信講座を受講するなら笠原巖先生のフットケアポディスト通信講座
ネイルスクールの通い方
ネイルスクールに通ってジェルネイルを習得した人のためのサイト
.日本人と木の文化
木の魅力と日本の住まい、チャンチンからオウチへ、木の構造、年輪の形成、軽い木と重い木、年輪に現われる木の履歴、マツの盛衰、強さの秘密、水を通すメカニズム、酒樽に残る木の好み、木の強さの経年変化、枯らしの効果、材料の嗜好調査、樹木から学ぶもの、木材資源の枯渇、、古代における木材の供給、木材輸送に果たした木津川の役割、東大寺の建立とその用途、戦火で失われた天平文化の粋、心血を注いだ鎌倉の復興、建築技法を高めた大径木の不足、鎌倉幕府と材木座、京都の木材事情などの勉強に
..
..
..
..
..
..
伝統林業民族資料室TOPへ戻る

ウッドデッキ ちょっと一息、ウッドデッキと木の豆知識

合成木材もメンテが必要? その2

何故、ガムデープで?板を取り替えればいいのでは?と思われるかもしれませんが、意外と簡単には行きません。合成木材のウッドデッキは施工方法が特殊で、板を一枚だけ取り外すことができません。合成木材のウッドデッキは板を端から順番に取り付けて行きます。外す場合は、施工とは逆に端から順番にしか外せない構造となっています。もちろん、土台ごと壊れても良いとなれば、板と土台もろとも引き剥がすこともできますが、そうなると床板を土台に張りなおす事ができなくなります。例えばウッドデッキ中心の板を取り替えようとすると、ウッドデッキの半分を分解する必要があります。そして、壊れた板を取り替えて・・・また半分を張り直す。そうなると1つのウッドデッキの床板を張ったのと同じ事なってしまいます。これが商業施設の大きなウッドデッキとなると、もうすごい作業量です。当然、時間と費用が掛かるので、見た目が悪い、危険性があると分かってても気軽に交換できないという事になります。メンテフリーな合成木材、しかし一旦メンテナンスをするとなると簡単には行かないようです。 そんな状況の中、こんな固定金具を当社で開発しました。マメ知識のコーナーなのに、自社のCMとなってしまい恐縮ですが・・・この金具を使えば途中からでも取外しができ、メンテナンス性が飛躍的に向上します。ただ、注意点がひとつ。合成木材も自然の木材と同じく日に焼けます。1枚だけ新しく取り替えたら、新しい板と古い板で色の差がでてしまいます。これは仕方がないことです。しかし、しばらく置いておけば古い板と同じように日に焼けてなじんで行くでしょう。あまり差がでるのが嫌と言う場合は、グレー色のウッドデッキがオススメです。グレー色というのは最初から日に焼けた色のウッドデッキだそうです。後から取り替えても差が少なく、他の材となじむのも比較的早いです。ちなみに、仕入先のアメリカ人に聞いたところ、アメリカではグレー色の方が良く売れるそうです。自然の流れで変化する茶色(自然な色)を好む日本人。最初から焼けた色のグレーを好むアメリカ人。所変われば、好みが別れるのですね。